ストップ高。17年4-6月期(第1四半期)決算発表とともに、18年3月期の上期業績予想を上方修正している。第1四半期の営業利益は前年同期比6.2倍の3.16億円で着地した。また、上期営業利益見通しは従来の3.00億円から4.50億円(前年同期は1.97億円)へと引き上げた。製造現場向け光測定器の販売が好調に推移し、売上高が増加したことに加え、コスト抑制に努めたことで売上総利益も大幅に改善した。