一時ストップ高で年初来高値更新。17年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比38.3%増の61.55億円、営業利益は同3.4倍の6.36億円で着地した。前下期に受注した複数の大型工事の施工が計画どおりに進んだ。また、大型工事を中心として施工効率が高まった。18年3月期の通期業績については、営業利益で前期比13.0%増の12.00億円とする従来予想を据え置いている。