ストップ高。17年4-6月期(第1四半期)決算発表とともに、18年3月期の上期業績予想を上方修正している。第1四半期の営業利益は前年同期比13.1%減の2.18億円で着地した。また、上期営業利益見通しは従来の4.00億円から6.30億円(前年同期は6.88億円)へと引き上げた。ヒューマンソリューション事業やエレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業が国内外の需要に支えられ、利益面では体質強化の取り組みも奏功した。