後場に一時ストップ高まで急伸。17年9月期の通期業績予想を上方修正している。営業利益見通しは従来の1.70億円から2.90億円(前期は1.62億円)へと引き上げた。知名度の向上によりクリスマス・バレンタインなどの需要期後も売上が好調に推移しているという。また、前期に連結子会社として加わったヒラカワとの共同開発商品が順調に売上を伸ばしていることなどから、売上高総利益率が当初計画より向上した。