昨年来高値を更新。20年2月期第3四半期累計(19年3-11月)の営業利益を前年同期比32.2%増の30.77億円と発表している。分譲マンション販売で新規発売物件を中心に販売活動及び引渡計画の推進に注力したことが奏功し、利益が拡大した。通期予想は前期比1.6%増の35.00億円で据え置いた。進捗率は87.9%に達しており、会社計画を上回って着地するとの期待から買いが広がっている。