大幅に3日ぶり反発。3月18日を基準日に1株につき2株の割合で分割すると発表している。投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図る。株式分割に伴い20年10月期の年間配当を従来予想の30.00円から15.00円(前期実績30.00円、記念配当5.00円含む)に修正するが、実質的な変更はない。また、4月30日現在の株主を対象に食事優待券の贈呈区分と金額を変更する株主優待制度の拡充を実施する。