大幅に4日ぶり反落。20万株の立会外分売を実施すると発表し、売り材料視されている。分売予定期間は26日から7月2日まで。東証1部への市場変更申請を行う準備を進めており、形式要件の充足を図るとともに株式の分布状況の改善や流動性向上を図る。立会外分売で株式需給が悪化するとの懸念に加え、10日に年初来高値(3190円)を記録した後も株価が高値圏で推移しており、利益確定売りも出ているようだ。