大幅に3日ぶり反発。6月の売上高が前年同月比46.1%増の1.24億円になったと発表している。5月(14.2%増)から伸び率が拡大しており、買い材料視されている。同社株は5月29日に年初来高値(2340円)を記録した後は下落傾向が続いており、前日には75日移動平均線まで下押していた。売上高の増加に加え、株価が底打ちしたとの見方も買いを支えているようだ。