大幅に続伸。人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した免疫細胞に関し、一部メディアが「がん患者に移植する世界初の治験について、千葉大と理化学研究所の研究チームが移植手術を実施した」と報じ、買い材料視されている。報道によると、手術は成功し「iPS細胞を使った再生医療の研究でがん患者に移植手術を行ったのは国内で初めて」という。ブライトパス・バイオは研究の支援企業として名を連ねている。