大幅に続伸。新型コロナウイルスに対する治療用アプタマーのウイルス感染阻害効果の評価に関し、東京大学の井上純一郎特命教授、東京大学医科学研究所アジア感染症研究拠点の合田仁特任准教授らのグループと共同研究契約を締結したと発表している。培養細胞を用いたin vitro試験で候補アプタマーのウイルス感染阻害効果を評価することが目的。契約締結で研究開発体制を強化し、治療薬の開発を推進する。