ストップ高買い気配。21年8月期の営業利益を従来予想の2.20億円から4.50億円(前期実績0.94億円)に上方修正している。電動工具製品の受注が外出自粛による巣ごもり需要などにより増加したため。売上高ベースでは、中国工場が牽引して第2四半期累計(20年9月-21年2月)が当初予算比11.6%増の48.00億円、通期では同20.3%増の95.00億円に拡大する見通しとなっている。