ストップ高買い気配。20年12月期の営業利益を従来予想の1.92億円から2.46億円(前期実績0.97億円)に上方修正している。各企業でリモート勤務が常態化したことに加え、地方自治体などでもデジタルトランスフォーメーションの需要が高まり、kintone連携サービスが好調に推移した。安否確認サービスもパンデミックなど非常時の連絡手段や情報共有ツールとしての認知が拡大し、利益を押し上げる見込み。