ストップ高買い気配。20年12月期の営業損益を従来予想の3.15億円の赤字から2.18億円の赤字(前期実績1.65億円の黒字)に上方修正している。オンラインでの研修実施やeラーニングの受注が予測を上回ったほか、研修のオンライン化が進んだことから売上原価が低減した。旅費交通費の削減に加え、テレワークの推進で従業員の交通費などが削減されたことも利益率の向上に寄与する見通し。