大幅に反落。20年12月期の営業損益を従来予想の1.12億円の黒字から2.37億円の赤字(前期実績0.16億円の黒字)に下方修正している。新型コロナウイルスの感染拡大による顧客の意思決定の遅延などで一部案件の受注が遅れたほか、セキュリティ基準対応で開発リードタイムが長期化したことなどが響き、疾患ソリューションサービスが落ち込んだ。同サービスで想定以上に原価率が上昇したことも赤字転落につながった。