大幅に反発。野村証券が投資判断「Buy」、目標株価1000円で新規にカバレッジを開始し、買い材料視されている。前日終値は792円。ステムリムが開発を進める幹細胞を損傷部位へ誘導する再生誘導医薬品について、同証券は「アンメットメディカルニーズを満たす新しい治療法である」と評価。開発が先行しているレダセムチド(HMGB1)に関し「適応を拡大すべく治験が進行中であり、中長期的に当社業績に大きく寄与しうる」との見方を示した。