ストップ安。21年9月期第2四半期累計(20年10月-21年3月)の営業損益を0.23億円の赤字(前年同期実績は1.27億円の黒字)と発表している。売上高は17.9%増の23.03億円に拡大したものの、販管費が31.8%増の19.35億円に膨らんだことが響き、赤字に転落した。第2四半期に広告宣伝費をかけた一方で、売上高の伸び率が前四半期より加速しておらず、通期計画に対する売上高の進捗率が47.5%と低いことも成長鈍化の兆しと捉えられているようだ。