大幅に5日続伸。21年7月期の営業利益を従来予想の17.00億円から27.00億円(前期実績17.11億円)に上方修正している。ICTサービス事業でGIGAスクール構想に関わる案件が集中し、着実な案件管理を徹底したことからコストを抑制できたため。追加案件の取り込みとキッティングセンターの稼働率アップにも好影響を及ぼした。第3四半期累計(20年7月-21年4月)は修正後の通期予想を上回る前年同期比88.0%増の28.92億円で着地した。