大幅続伸。21年7月期の営業利益を従来予想の3.30億円から3.60億円(前期実績3.44億円)に上方修正している。社会情報インフラ・ソリューション関連顧客からの受注が増加しているため。また、5月6日付で株式を取得した連結子会社の売上高見込みを反映させた。第3四半期累計の営業利益は前年同期比0.2%減の2.92億円で着地しているが、業績予想の上方修正を好感した買いが向かっているようだ。