年初来高値。21年12月期第2四半期累計(21年1-6月)の営業利益を従来予想の23.00億円から35.00億円(前年同期実績42.13億円)に上方修正している。不動産セールス事業(アパートメント)で当初見通しに比べ前倒しで建物が竣工したため。通期予想は年間の竣工予定棟数に変更がないことから前期比0.2%増の89.00億円で据え置いたが、今後修正の必要が生じた場合は速やかに開示するとしている。