大幅に反発。22年6月期の期末配当を従来予想の無配から25.00円(前期末実績は無配)に上方修正している。年間配当も同額となる。中期計画達成に向けて資金を投下する中、計画に沿った事業拡大が図れていることから配当を通じた利益還元を実施することにしたという。19年9月の上場以来、初めての配当となる。配当額の大きさも投資家からポジティブ・サプライズと受け止められているようだ。