大幅に反発。一部メディアが「環境省は『都市鉱山』と呼ばれる使用済みの電子機器から金属を回収して再資源化する量を2030年度までに倍増させる」と報じ、材料視されている。報道によると「海外からの輸入を強化する方針で、電気自動車(EV)や風力・太陽光発電装置などに再利用し、脱炭素社会の実現につなげる」という。リネットジャパングループは都市鉱山リサイクルをテーマとした小型家電リサイクル事業を手掛けている。