大幅に3日続伸。23年4月期第1四半期(22年5-7月)の営業利益を前年同期比19.8%減の1.86億円と発表している。人件費や広告費の増加で販管費が膨らんだ。一方、純利益は142.5%増の3.62億円となり、買い材料視されている。連結子会社の吸収合併に伴い、特別利益0.58億円、法人税等調整額(益)1.75億円の計上したため。通期予想は営業利益が6.51億円、純利益が4.03億円で据え置いた。