大幅に反発。22年10月期第3四半期累計(21年11月-22年7月)の営業利益を前年同期比38.3%増の9.38億円と発表している。新型コロナウイルスの感染拡大による成長鈍化傾向が治まり、加工受託サービスを中心に順調に拡大した。通期予想は前期比34.7%増の13.36億円で据え置いた。第3四半期累計の営業利益が第2四半期累計(4.90億円)に比べて約1.9倍に急増したことが好感されているようだ。