大幅に3日続落。24年1月期の営業損益予想を従来の0.11億円の黒字から0.76億円の赤字(前期実績0.06億円の赤字)に下方修正している。DX店舗活性プロダクトやAI電力コスト削減システム、デジタルサイネージプラットフォームなどを取り扱うTRaaS事業で来期以降への導入ずれ込みや案件保留があったほか、受注型Product事業でプロジェクトの一部が中止となったことが響き、赤字となる見通し。