<7013> IHI 3890 +265
急伸で年初来高値を更新。野村證券は投資判断「バイ」継続で目標株価を3300円から4700円に引き上げた。重工3社の中でのトップピック評価を継続。各国の渡航規制緩和などから今後の航空旅客需要の回復を見込み、航空エンジンの売上見通しを引き上げた。収益性が高いスペアパーツの売上はこれまでも航空旅客需要を上回る伸びとなっているが、コロナ禍からの回復も加わり、今後も利益拡大を貢献していくと分析している。

<6338> タカトリ 1799 +300
ストップ高比例配分。パワー半導体向けSic材料切断加工装置の大口受注を獲得したと前日に発表。受注金額は80億4400万円で、受注先は海外企業のもよう。23年9月期、及び24年9月期上半期に売上計上されるようだ。1月から大口受注獲得の報告が相次いでいるが、今回の受注規模は極めて高水準となり、業績インパクトは大きいとの期待につながっている。なお、22年9月期の売上計画は80億円である。

<5384> FUJIMI 6180 +320
大幅続伸。サイバー攻撃の影響によって遅れていた22年3月期決算を前日に発表。営業利益は121億円で前期比57.9%増益、第3四半期決算時の上方修正水準で着地。期末配当金は従来計画95円に対して100円の実施へ。また、23年3月期営業利益は135億円で同11.9%増の見通し、年間配当金は前期比15円増の200円を計画。サーバー向けなどに半導体需要は根強く、堅調な販売推移が継続すると見込んでいる。

<1605> INPEX 1601 -78
大幅反落。前日のNY原油先物相場は下落。石油輸出国機構(OPEC)の一部加盟国が、石油生産協定からロシアを除外する案を検討していると伝わっており、原油増産への思惑が広がっている。前日は欧州連合(EU)首脳がロシア産原油の一部禁輸で合意と伝わったことで、原油価格の先高期待が高まる形になっていたが、こうした期待感が一部はく落しているようだ。

<6754> アンリツ 1509 +76
大幅反発。発行済み株式数の3.7%に当たる500万株、50億円を上限とする自己株式の取得実施を発表している。取得期間は6月1日から7月29日まで。取得理由は、資本効率の向上と株主還元の一層の充実を図るためとしている。比較的短期間での高水準の取得枠設定を受けて、目先の需給改善期待が高まる形に。また、247万8900株の自社株消却も発表している。

<8068> 菱洋エレク 2297 +187
大幅反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は11.6億円で前年同期比2.5倍の水準となり、通期計画23億円、前期比1.9%増に対する進捗率は50%超の水準となっている。足元での想定以上の収益拡大を受けて、業績上振れ期待が高まる状況にもなっているようだ。半導体・デバイスは全ての用途で前年を上回る着地となり、とりわけ、産業分野向けやデジタル家電向けが堅調に推移しているもよう。

<4369> トリケミカル 2733 +158
大幅反発。前日に第1四半期の決算を発表している。営業利益は9.9億円で前年同期比36.5%増益、上半期計画16.9億円、同15.9%増に対して58.3%の好進捗となっている。旺盛な半導体需要が続く中で、半導体材料の順調な販売拡大が続いているもよう。サプライズは限定的ながら、好決算期待が足元の株価に強く反映されていなかったことで、見直しの動きへとつながっているもよう。

<7203> トヨタ自 2197.5 +75
大幅反発。JPモルガン証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に、目標株価も2300円から2600円に引き上げたもよう。原材料高の影響はレクサスや北米市場での価格是正と原価低減でほぼ吸収可能と判断、円安効果もあって、最高益更新が続くとみている。今期の世界生産は概ね正常化が見込まれ、徐々にEVの戦略加速やHEVの優位性など、中長期の成長力に焦点が移っていくと考えているようだ。

<4813> ACCESS 650 +71
急伸。1月18日以来の高値圏に上昇。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は7億円の赤字となり、前年同期比では3.2億円の損益改善となった。上半期計画の16.1億円の赤字と比較しても、想定よりは赤字幅が縮小と捉えられた。また、発行済み株式数の5.05%に当たる200万株、16億円を上限とする自社株買いの実施も発表、取得期間は6月1日から11月30日まで。需給改善につながるとの期待感も優勢に。

<4062> イビデン 4445 -290
大幅続落。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「アンダーウェイト」に2段階、目標株価も7500円から3750円に引下げた。PC出荷台数予想引下げ、米国主要顧客のサーバー用CPUの新製品量産出荷の後ろ倒しリスクなどで、業績予想を大幅下方修正。営業利益23年3月期が会社計画670億円に対して608億円、24年3月期は市場予想864億円に対して639億円と予想。