<7270> SUBARU 2167 -144.5
大幅安。本日は輸送用機器が業種別下落率トップと、自動車関連株の下げが目立っている。米国の中古車販売会社であるカーマックスが前日に6-8月期決算を発表、EPS79セントで市場予想の1.40ドルを大きく下振れたことで、株価は25%もの急落となっている。高インフレや金利上昇に伴う米消費マインドの悪化が意識される状況につながっており、国内自動車メーカーの米国販売への懸念も強まっているようだ。

<7936> アシックス 2300 -276
急落。米ナイキが前日に決算を発表、売上高は市場予想を上回ったものの、運送費上昇や値下げ、為替の影響などで粗利益率は想定以上に低下、収益水準は市場予想を下回っている。物流混乱などもあって在庫水準は大幅に増加する形にも。通期粗利益率見通し下方修正もあって、時間外取引では一時9%超の下落となっているもよう。連想売りの流れが同社にも波及する状況となっているようだ。

<9024> 西武HD 1446 -57
大幅反落。前日に業績予想の下方修正を発表、上半期営業利益は従来予想の150億円から110億円に、通期では310億円から130億円に下方修正。コロナ禍からの回復が想定よりも遅れ、鉄道業の運輸収入、国内ホテル業の宿泊需要が下振れるもよう。インバウンド需要についても本格回復には時間を要するとみているようだ。通期の市場コンセンサスは270億円程度であり、想定以上の下方修正がネガティブ視のされた。

<2809> キユーピー 2380 +61
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も2200円から2600円に引き上げている。主原料の植物油価格にピークアウト感が強まってきたとし、原材料コストは 22年11月期第4四半期から23年11月期第1四半期が当面のピークになると予想。つれて、値上げ効果や海外事業のポテンシャルを評価する局面が近いと判断しているようだ。

<3050> DCM 1177 +110
急伸。前日に上半期決算を発表、営業利益は190億円で前年同期比4.0%減となり、従来予想の199億円をやや下回った。通期予想は310億円、前期比1.1%増を据え置いた。決算数値に大きなインパクトがない中、年間配当金計画は34円から40円に引き上げ、前期比7円の増配となる。また、発行済み株式数の5.49%に当たる800万株、80億円を上限とする自己株式の取得実施も発表。株主還元強化が評価された。

<5703> 日軽金HD 1448 -68
大幅続落。前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の55億円から35億円に、通期では200億円から125億円に引き下げている。半導体製造装置向け厚板やリチウムイオン電池向け外装用箔の販売減少が大きいほか、トラック架装事業は短期的にはシャシー供給の改善に時間がかかる見込みとしている。市場コンセンサスは190億円程度であったため、想定以上の下振れと捉えられている。

<7421> カッパクリエ 1362 -42
大幅続落。田辺社長が転職前に競合他社である「はま寿司」の仕入れに関する内部データを不正に持ち出した疑いが分かったと伝わっている。警視庁では、持ち出された情報が営業秘密に当たるとみて、田辺社長の逮捕状を取ったとされている。経営面への影響や信用力低下などが意識される形に。なお、21年7月の段階で、不正競争防止法違反容疑の関係先として家宅捜索と伝わっていたこともあり、安寄り後は下げ渋る動きにも。

<2792> ハニーズHD 1216 -50
大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は9.7億円で前年同期比2.1倍の水準となっている。行動制限緩和によって夏物商品を中心に販売が好調のほか、値引き抑制や海外生産比率の向上などで粗利益率も低下している。ただ、好決算期待から株価は高値圏にあった中、第1四半期は閑散期でもあることから高い収益変化率に対するサプライズも限定的、短期的な出尽くし感が先行しているようだ。

<6556> ウェルビー 785 +51
大幅続伸。群馬県に6つの放課後などデイサービスの事業所を運営するハピネスカムズを子会社化すると発表している。同社グループの療育事業においては、まだ群馬県に進出しておらず、今回の株式取得によって、開設スピードの加速と進出地域の拡大が実現することになる。着実な業容拡大につながるとの期待が高まる格好へ。なお、ハピネスカムズの22年3月期売上高は1.6億円の水準であったもよう。

<4446> LinkーU 690 +10
続伸。グループ企業の米Comikey Mediaが展開する海外市場向けマンガプラットフォーム「コミッキー」において、集英社の女性向けアプリ、マンガMeeにて連載中のマンガ作品の取り扱いを開始すると発表。第1弾として、『サレタガワのブルー』『ニドメの共犯』『おしかけ王子は2度おいしい』『ぽちゃっと恋をメシ上がれ!』『冷たいベッドの上で。』を配信予定。ユーザー層拡大につながるとの期待が先行へ。