デンマーク出身のショコラティエ、フリッツ・ニプシド(FritzKnipschildt)さんが製作したチョコレート「LaMadelineauTruffle」。米誌「フォーブス」が認めたこの世界一高価なチョコレートは7日、「世界チョコレート・デー(WorldChocolateDay)」を祝って、一粒250米ドル(約2万8千円)で売り出されました。高級チョコレートはたくさんあるけれど、なぜそこまで高額なのでしょうか?



 それは、このチョコレートが「黒いダイヤ」と呼ばれる、フランス・ペリゴール産の黒トリュフを丸ごと使用しているから。また、カカオ70%の高級ブラックチョコレートと、トリュフをコーティングする絹のように滑らかなガナッシュも高値の理由のひとつ。



 ニプシドさんは、トリュフとチョコレートの良い香りが相まって、両方の味をそのまま楽しめる大人の逸品だと説明しています。



(翻訳編集・豊山)







【ニュース提供・大紀元】