株式会社お金のデザイン【関東財務局長(金商)第2796号】(www.money-design.com)は、株式会社新生銀行<8303>と2017年5月8日付で業務上の提携に関する基本合意書を締結し、2017年7月14日付で、第三者割当増資により総額5億円を調達。新生銀行の常務執行役員である清水哲朗氏がお金のデザインの社外取締役に就任する。

2017年秋頃を目処に、THEO[テオ]のサービスを新生銀行の顧客にも利用できるようにし、今後より良いサービスを一人ひとりに提供できるよう、両社で新たなサービス・プロダクトの共同開発に着手する。



■THEOについて



「THEO」は、日本初の独自開発のロボアドバイザーによる個人向け資産一任運用サービス。5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが、世界の約6000種類のETF(上場投資信託)のなかから、最適な組み合わせを提案し、運用する。10万円から、スマホだけで手続きが完了し、運用報酬も1%(年率)と低コストではじめられる、新しい資産運用のカタチである。20代・30代を中心に利用が広がっている。





【ニュース提供・エムトレ】