米国海軍のイノベーション部門は、最近、製造システムにブロックチェーン技術を使用することに関心を示していると発表した。この発表では、とくに、製造プロセスを通じてデータを確実に転送するために、ブロックチェーン技術を3D印刷に追加することに関心を示しているそうである。

JonathanMcCarter中尉によると、海軍革新諮問委員会は、先頭に立って、ブロックチェーン技術統合をシステムに組み込みテストを行う予定である。彼らは、海軍の情報ネットワークを通じて、概念の証明、データの共有、デジタルデザインの保護に関するパイロットテストと実験を行おうとしている。また、ブロックチェーン技術を使用して3D印刷の現場で、データ共有層の作成を計画している。

これは、米国政府内でのブロックチェーン技術利用の始まりにすぎない。ブロックチェーン技術は一般社会に徐々に浸透しているから、政府が業務にブロックチェーン技術の組み込みをゆっくりやっていても、驚きではない。

実際、ブロックチェーン技術に興味を抱いている政府部門は、すでにいくつか存在している。2016年5月、国土安全保障科学技術局は、ブロックチェーンの使用に関する技術研究のために、中小企業数社に総額970万ドルを授与した。また、米国政府は現在、契約入札のための、ブロックチェーン技術での問題解決手法を見つけようとしている。

出典:Cointelegraph





【ニュース提供・エムトレ】