19日の上海総合指数は売り先行。前日比0.19%安の3181.40ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.03%高の3188.38ptで推移している。政策に対する期待が高まっていることが指数をサポート。また、堅調な経済指標も改めて好感されている。一方、最近の市場の不安定な動きが引き続き警戒されている。