米南部テキサス州サンアントニオで、大型トレーラーのなかに、メキシコからの不法移民とみられる大勢の人が押し込められているのが見つかった。米国の複数のメディアによると、多くは脱水症状や熱中症を起こしており、9人が死亡し、20人が重体だという。地元警察は密入国ほう助の疑いで運転手を逮捕し、捜査を始めている。



 23日、メキシコ国境からおよそ240キロのサンアントニオにあるスーパーマーケット「ウォールマート」の駐車場で、警察官が大型トレーラーから8人の遺体を発見した。



 車内の空調は作動しておらず、前日の最高気温は38度。トレーラーから出てきた人から「水がほしい」と頼まれたスーパーの従業員は、不審に思い、警察に通報した。他にも子供を含む30人が中に押し込められていたという。



 車内にいた人物の話によれば、トレーラーにもともと、100人以上いたという。スーパーマーケットの監視カメラでは、一部の人は別の車に乗り、去っていく姿が映っている。また、複数の人は近くの林に逃げこんだとみられ、警察当局は数人を拘束した。引き続き、車内から脱走した人物の行方を追っている。



 記者会見でサンアントニオ警察のウイリアム・マクメイナス本部長は、人身売買事件の可能性が高いと述べ、運転手ジェームズ・ブラッドレー(60)容疑者を事件への関与で訴追する方針を示した。



(編集・大道修)




【ニュース提供・大紀元】