2017年にベンチャーキャピタルが支援するフィンテック企業への投資金額は、2016年から比べると、19%上昇している。世界的なフィンテック企業の取引活動は、現在の稼働率でいくと、2016年の最高値を上回る可能性がある。



ユニコーン企業とは、未公開企業で企業価値が10億ドル超の企業ことだが、2017年第2四半期は、5つの新しいフィンテック・ユニコーン企業が誕生した。Clover、Symphony、Robinhood、AvidXchange、およびTuandaiwangである。北米では15のフィンテック・ユニコーン企業が活動している。続いてアジアでは7社、ヨーロッパでは4社である。



2017年第2四半期に、ベンチャーキャピタルが支援する米国のフィンテック企業は、5000万ドル以上の資金調達を12回行った。これらの企業のうち、AvidXchange、BrightHealth、Addepar、Clover、Robinhood、およびR3は、それぞれ1億ドル以上を調達した。



出典:CBINSIGHT





【ニュース提供・エムトレ】