「どうして読んでいるのに返信しないの?」相手がメッセージを読んだのに返信しない「既読スルー」は利用者を悩ましているようだ。



 消費者庁が27日までにまとめた調査結果によると、若者の半数以上がインターネット交流サイト(SNS)で不快な経験をしていることがわかった。



 15〜25歳の通信アプリ「LINE」利用者3000人を対象に実施された調査では、およそ7割が、SNSの利用を1日1時間以上と回答。4人に3人がSNSを「好き」「どちらかといえば好き」と答えるなど、生活の一部となっていることがうかがえる。



 SNSで不快な経験をしたことがあると回答したのは51.8%に上った。その中でも「既読スルーされた」が全体の31.2%と断トツだった。



 その他にも「自分の写真や動画を勝手にアップされた」(12.2%)、「知らない人から急に誘われた」(11.1%)「身に覚えのない請求が来た」(6.2%)、「ネットストーカーに遭った」(2.3%)など、犯罪被害につながりかねない経験をした人も少なくない。



 SNSの利用機会が増える夏休みを迎え、同庁は「トラブルにつながる可能性もあるので用心を」と呼び掛けている。



(編集・大道修)




【ニュース提供・大紀元】