スウェーデンの土地登記所であるLantmäterietは正式に、ブロックチェーン技術を駆使して、所有地やビル、建物などの不動産や財産などの登録を開始した。2017年の初頭以来、ブラジルを始めとするさまざまな国では、分散型の透明で不変なネットワークで、土地や財産の所有を促進するために、ブロックチェーン技術を利用し始めている。

Lantmäterietの開発責任者であるMatsSnäll氏は、ComputerWeeklyとのインタビューで、2016年以降、スウェーデンの土地登記所は、ブロックチェーン技術に積極的に投資しており、概念実証のブロックチェーン・プラットフォームを開発していることを明らかにした。2017年3月、Lantmäterietは、ブロックチェーンに基づいた土地および土地登録プラットフォームの初期段階の実験を完了している。

MatsSnäll氏は語る。

「ブロックチェーンがもたらすメリットについて聞いたときに、これが実際に登記に使用できる次世代の技術であるかどうかを検討したかったのです。私たちはもっと広い範囲でブロックチェーン技術を試してみなければなりませんし、協働できるパートナーを増やす必要がありますが、これまでのところ、ブロックチェーン技術に対して異議を唱える者はいません」



■プライベート・ブロックチェーンと

公的分散型ブロックチェーン・ネットワーク



2017年4月、ビットコインをベースとしたブロックチェーン・インフラストラクチャー・プロバイダーのUbitquityは、ブラジルの政府と土地記録局が、ブロックチェーンを利用して、土地や財産の登記簿を透明性で不変の状態で確実に手に入れる手助けをしている。

ハッシュ・パワーにより、ビットコインのネットワークは存在しているもののなかでは、もっとも安全なブロックチェーン・ネットワークであり、コンピュータの演算能力の増大は、ビットコインの高度な安全性や分散化、不変性を継続的に維持している。

当時、Ubitquityの創業者であり社長のNathanWosnack氏はこう言っている。

NathanWosnack氏写真出典:news.bitcoin.com/house-property-value-blockchain/

「個人が保持するもっとも重要な文書のひとつである財産記録をブロックチェーン上で維持することは、ブラジルなどの発展途上の市場においては非常に重要なことです。ブロックチェーンは、所有者と所有権の紛争が公正かつ透明な方法で処理されることを可能にし、オリジナルの登記簿が破損したり、置き忘れられたりした場合には、バックアップとして機能します」



現在、ビットコイン・ブロックチェーン上で、大量のデータを保存しておくことは難しい。RSKLabのRootstockを含むさまざまな計画が、スマート契約を展開して、ビットコイン・ネットワークに統合できるエコシステムを実現する過程にある。

土地および財産の登記にとって、常に最小の記録が土地登記簿によって登録されているので、ビットコイン・ブロックチェーンを使用することができる。さらにいえば、特定の人だけのブロックチェーン・ネットワークは安全ではなく、セキュリティ違反やハッキング攻撃に対して脆弱であるため、ビットコインやイーサリアムなどの、安全なブロックチェーン・ネットワークを利用してデータを処理することが重要である。

イーサリアムは、柔軟性を重視し、スマートな契約を自動化する、実行可能なもうひとつのオプションである。ビットコインの透明台帳のように、イーサリアム・ブロックチェーン上の土地と財産の所有者は、ネットワーク内では誰でも閲覧することができる。



■潜在的なセキュリティ問題



しかし、スウェーデンの土地登録機関は、積極的な開発コミュニティを持つ他の多くの公的なブロックチェーン・ネットワークを使用する代わりに、スウェーデンのブロックチェーンのスタートアップ企業であるChromaWayのプライベート・ブロックチェーン・ネットワークを利用することに決めた。

Snäll氏は、ブロックチェーンの技術が政府のために数億ドルの費用を削減すると未だに信じており、プライベート・ブロックチェーンのテストは小規模だが、今後数カ月にわたって拡大および拡大することを、彼は期待している。

「プライベート・ブロックチェーンは、デジタル原本を確実に保持する唯一の認められた技術です。今までのところ、ハッキングや破損から安全にデータを守ることが証明された最高の技術です」とSnällは述べている。

出典:Cointelegraph

▽参考

ブロックチェーン技術を使った土地登記の試験を開始





【ニュース提供・エムトレ】