■2日の日経平均株価終値



2万0080円4銭 前日比+94円25銭



□その他の指数

・TOPIX      1634.38 前日比+5.88

・東証2部指数   6305.38 前日比+17.19

・東証マザーズ  1125.90前日比+17.03

・東証ジャスダック3326.29 前日比+24.43

本日の日経平均株価は続伸、2万円台を回復しました。取引時間中為替は110円台後半へ円安方向へ進んだ他、朝方から金融株がしっかりしており相場を押し上げました。好決算を発表したホンダ<7267>はザラ場中の円安も手伝って前日比2.78%の上昇。米アップルの好決算を受け、日本の関連株が買われた他、半導体関連も堅調。東証1部の値上がり銘柄数は1171銘柄、値下がりは718、変わらずは130。電気機器のセクターが強く、鉄鋼、その他製品が続き、下落は紙・パルプ、不動産、水産。東証1部の売買代金は2兆4510億円、出来高は17億1845万株。新興市場もしっかりでジャスダック、マザーズ共に反発。前日に大きく落ち込んだ銘柄に買いが広がり上昇。



■日経平均のテクニカル分析



日経平均株価は2万円台を回復し、終値も25日移動平均線の上へ浮上。それと同時に一目均衡表の基準線も上回って来ました。値幅の小さいレンジ内に収まっている為、まだ揉み合いは続きそうですが、円高の割にしっかり買われており下値は下値抜けにくく、日銀のETF買いが積み重なり底上げに繋がっているようです。



■今日動いた注目の銘柄群



<4625>アトミクス

1日、一部メディアで「高速道路橋などに向けたコンクリートの剥落防止工法であるライフテックスシリーズから、各工程の材料をすべて水性で統一した新製品を開発した」と報じられたことから昨日・本日と連日ストップ高。水性のコンクリート剥落防止材の発売で業績寄与期待から買いを集めています。

<8029>ルック

前日発表の上半期業績予想で、「マリメッコ」などのブランドが好調により営業損益を6億円の黒字に増額。またPBR水準の割安感などからも個人資金が流入し大幅反発となりました。本日一時316円まで買われる場面がありました。

<2928>RIZAPグループ

高齢者を対象とした健康増進プログラムの実施結果を発表しました。プログラムに参加したほぼ全員に体力年齢の若返り、減量の達成などの成果を確認した模様で、マンツーマンスタイルのプログラムに加え複数名に対する健康増進プログラムの提供を進めていく方針。

<2461>ファンコミュニケーションズ

17年12月期連結業績予想で400億円と見ていた売上高を403億5800万円に、営業利益を62億円から62億9500万円に上方修正したことが買い材料視され5日振りの反発となりました。アフィリエイト広告が好調なことに加え繰越欠損金のある連結子会社の吸収合併により法人税等の支払額減少などが寄与している。

<3694>オプティム

ユニクロが提供する「ユニクロアプリ」に、人気雑誌読み放題サービス「タブホ」から厳選した人気雑誌を提供開始すると伝わりました。ユニクロ会員向けに期間限定・無料で提供することで相互送客効果を狙う模様。本日は調整ムードに一服感、3145円まで買われました。





【ニュース提供・エムトレ】