民進・玉木氏は「2015年6月の国家戦略特区WGに、実は加計学園も出席していたのに議事録には出てこないことが問題になっていますが、私がこの日の議事録で注目しているのは、八田座長でさえ、当時は、愛媛で公務員獣医師が足りないのであれば、今治に大学を作るより待遇改善で対応した方がいいと言っていること。」とツイート(8/7)



報道によると、政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の会合に学校法人・加計学園の幹部らが同席していたものの、公表された議事要旨に記載がない問題について、WGの八田達夫座長は6日、見解を公表し、同学園関係者の同席を認めた。その上で提案者以外の参加・発言を記載しなかったのは「通常の取り扱い」としている。