8月8日21時ごろ、中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県を震源とするマグニチュード7.0の地震が発生。国家減災委員会の推測によると、100人程度が死亡、13万戸の家屋が倒壊した可能性があるという。国営メディアによると、ケガ人も多数でている。



 インターネットのソーシャルサイトには、現地市民から投稿された地震発生直後と見られる映像が出回っている。動画には、多くの人々が建物から屋外へ避難している様子や、ガラスの割れた建物内部、大小の石が転がる道路などが映っている。



 今回の震源地の近くには、中国の有名な景勝地の一つ、九寨溝がある。美しい湖や渓谷があり、ユネスコ世界遺産にも登録されている。伝えられるところによると、8日にも3万8000人の観光客が訪れていたという。



 四川省では過去にもマグニチュード7以上の大きな地震が発生している。2008年5月、四川省のブン川県付近でマグニチュード8.0の大地震が発生。死者と行方不明者を合わせて8万人を超える甚大な被害が出た。









【ニュース提供・大紀元】