10日の上海総合指数は売り先行。前日比0.18%安の3269.73ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時43分現在、0.09%安の3272.71ptで推移している。不安定な北朝鮮情勢が警戒されている。国内では、中国人民銀行(中央銀行)の金融スタンスも気がかり材料。一方、政策期待が高まっていることや元高進行などが指数をサポートしている。