かつて麻薬に手を染め、窃盗罪で服役し、出所後は仕事を見つけられずにホームレスの生活を送っていたジョン・ドラン(JohnDolan)さん。彼は、犬と一緒に暮らし始めてから人生が好転し、幸せを手に入れました。今やロンドンを拠点とするストリート・アーティストとして活躍し、ユニセフや動物保護などのチャリティー活動、TEDカンファレンスでの講演、絵画展の開催など、充実した生活を送っています。時々暇を見つけると、彼は歩道の隅に座り、町の風景や愛犬のスケッチを楽しんでいます。



祖父母に育てられたドランさんは、ティーンエイジャーの頃から血気盛んで、たくさんのトラブルを起こしました。警察沙汰は日常茶飯事で、刑務所に入っていたことも。12年間の刑期を終え、仕事も見つけられず、ホームレスになりました。



2010年、ロンドンのシェルター(ホームレスのための一時的な収容施設)で、ホームレスのカップルから、拾ってきた犬「ジョージ」の面倒を見てもらえないかと頼まれました。ドランさんはとっさに「いいよ」と言いました。犬はスタッフォードシャー・ブル・テリアで、左目にある大きな茶褐色の斑点が特徴でした。虐められていたせいか、人に対して極端に怯えていました。



ドランさんは当時、うつの状態が深刻で、薬物依存に陥っていました。しかし、ジョージの面倒を見はじめてから、ドランさんは自分のことより犬のことを大事にし、よく世話をするようになりました。すると、うつ病の症状が軽くなり、薬物にも依存しなくなったといいます。



「ジョージがいなければ、僕は薬物で死んでいたか、再び刑務所に入れられていたかのどちらかでしょう」と話すドランさん。子どもを守るのと同じで、ジョージのために家をしっかり守りたいと思ったそうです。



ジョージはいつもドランさんと一緒にロンドン中心部東側のショーディッチ(Shoreditch)に出かけ、街の一角で人々から金品を恵んでもらいながら生活を送っています。ドランさんがジョージをモデルに絵を描くと、彼の才能に目を留めた人々は、次々とスケッチを購入していきました。彼は地元のラジオ局にも招かれ、ちょっとした有名人になったのです。



さらに、彼の絵画展を開くという話も舞い込んできました。人生初めての絵画展は大成功。作品の中には、約36万円で売却されたスケッチもありました。彼はその後、ロンドンの美術館関連の行事にも関わりました。



人生はどんなに辛くても、先行きがどんなに暗くても、必ず希望があると話すドランさん。彼は、ジョージとのストーリーを「僕の人生を変えた犬(Thedogchangedmylife)」という本にまとめています。







(翻訳編集・豊山)





【ニュース提供・大紀元】