ベルシステム24ホールディングス<6183>は21日、事業戦略部内に「CSR推進室」を新設すると発表した。



CSR活動において、従来、主に案件に応じてプロジェクト単位でチームが組成されていたものを、新たに事業戦略部内に「CSR推進室」を新設することで、CSRのみならずCSVによる共通価値の創造の実現を目指す。



同社では、コールセンター業務を主要事業とし、約28,000人の社員が勤務しており、
2018年度より「イノベーションとコミュニケーションで社会の豊かさを支える」を新たな企業理念として制定。



多様な人材が、長期に亘り、楽しく、安心して働ける、人に優しい職場環境の実現を、同社の社会的責任であると認識し、「CSR推進室」を広報や総務などの管理部門ではなく、事業戦略の策定、M&A、AI等の新技術導入等を担う「事業戦略部」内に設置することで事業戦略とCSR活動を統合し、更なる企業価値の向上に努めるとしている。