新規買いは原資産の株価上昇が目立つブイ・テクノロジー<7717>コール43回 8月 6,000円を順張り、ブイ・テクノロジーコール49回 10月 9,000円を順張り、東京エレクトロン<8035>プット189回 11月 16,500円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つグレイステクノロジー<6541>コール6回 9月 3,200円を逆張り、武田薬品工業<4502>コール174回 9月 4,200円を逆張り、ペプチドリーム<4587>コール45回 11月 6,500円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはペプチドリームコール45回 11月 6,500円、ZOZO<3092>コール7回 8月 2,000円、キーエンス<6861>コール76回 11月 64,000円、米ドルリンク債コール1043回 11月 109円、日経平均コール1275回 7月 21,000円などが見られる。



上昇率上位はSUBARU<7270>コール77回 7月 3,000円(+66.7%)、東京エレクトロンコール231回 7月 16,500円(+58.2%)、TDK<6762>コール144回 7月 9,000円(+57.1%)、アルプスアルパイン<6770>コール41回 7月 2,200円(+50.0%)、豪ドルリンク債コール491回 8月 83円(+50.0%)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)