新規買いは原資産の株価上昇が目立つZOZO<3092>コール13回 10月 2,800円を順張り、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>コール72回 3月 4,200円を順張り、村田製作所<6981>コール152回 11月 5,500円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ楽天<4755>コール254回 11月 1,350円を逆張り、デジタルガレージ<4819>コール54回 11月 4,100円を逆張り、グレイステクノロジー<6541>コール9回 12月 3,600円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしては日経平均コール1298回 10月 23,500円、ZOZOコール13回 10月 2,800円、日本電産<6594>コール133回 11月 16,500円、TOPIXコール273回 11月 1,800円、日経平均 プラス5倍トラッカー37回 2月 20,000円などが見られる。



上昇率上位はZOZOコール13回 10月 2,800円(前日比2.7倍)、ZOZOコール16回 11月 3,200円(前日比2.1倍)、GMOペイメントゲートウェイ<3769>プット9回 10月 5,500円(前日比2.1倍)、ZOZOコール12回 10月 2,200円(前日比2倍)、GMOペイメントゲートウェイプット10回 10月 6,500円(+83.5%)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)