新規買いは原資産の株価上昇が目立つ石川製作所<6208>プット1回 2月 1,300円を逆張り、カプコン<9697>コール11回 1月 3,350円を順張り、ソフトバンクグループ<9984>プット402回 4月 4,500円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つワークマン<7564>コール13回 2月 9,000円を逆張り、ワークマンコール20回 5月 10,500円を逆張り、ジーエヌアイグループ<2160>コール25回 1月 2,100円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはソフトバンクグループコール508回 3月 6,750円、カプコンコール9回 2月 3,500円、ジーエヌアイグループコール25回 1月 2,100円、オリエンタルランド<4661>コール104回 2月 16,500円、ソフトバンクグループコール497回 1月 4,500円などが見られる。



上昇率上位はカプコンコール11回 1月 3,350円(+48.9%)、エムスリー<2413>プット15回 1月 2,600円(+40.0%)、日立製作所<6501>コール207回 1月 4,250円(+37.9%)、韓国200種株価指数プット255回 2月 230ウォン(+33.3%)、カプコンコール10回 1月 2,900円(+31.3%)などとなっている。



(eワラント証券投資情報室)