9月7日−11日週に発表される主要経済指標の見通しについては以下の通り。



■8日(火)午前8時50分発表予定

○(日)4-6月期国内総生産(GDP)改定値-予想は前期比年率-28.5%

参考となる一次速報値は前期比年率-27.8%。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言などにより、経済活動が著しく停滞したことが要因。4-6月期法人企業統計調査で金融機関を除く全産業の設備投資額は、前年同期比-11.3%と大幅な落ち込みを記録しており、この結果を考慮すると、GDP改定値は速報値から下方修正される可能性が高い。



■9日(水)午前10時30分発表予定

○(中)8月消費者物価指数-予想は前年比+2.4%

参考となる7月実績は前年比+2.7%のやや高い伸びを記録した。中国中南部で洪水の被害が広がっており、一部食糧品の価格が大幅に上昇したことが要因。ただ、サービス部門の価格はおおむね低下しており、8月のインフレ率は7月実績を下回る可能性が高いとみられる。



■10日(木)午後8時45分結果発表予定

○(欧)欧州中央銀行(ECB)理事会-予想は金融政策の現状維持

ECB専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏は「ECBは金融政策で為替を目標にしないがユーロ・ドル相場は金融政策から生じることを認識することが重要」との見方を伝えており、ECBがユーロ高の問題点について言及する可能性がある。米連邦準備制度理事会(FRB)が期間平均で2%のインフレ率を目指す方針に転換したが、ユーロ高の一因となっており、ラガルドECB総裁のインフレ目標についての見解も注目される。



■11日(金)午後9時30分発表予定

○(米)8月消費者物価コア指数-予想は前年比1.6%

参考となる7月実績は前年比+1.6%で6月実績を0.4ポイント上回った。家賃の伸びは鈍化したが、医療費は上昇した。8月については、家賃の伸びは鈍化する見込みだが、医療費や一部サービス価格の上昇が予想されることから、コアインフレ率は7月実績と同水準になる見込み。



○その他の主な経済指標の発表予定

・7日(月):(中)8月貿易収支、(独)7月鉱工業生産

・8日(火):(日)7月経常収支、(独)7月経常収支、(欧)ユーロ圏4-6月期域内総生産確報値

・9日(水):(中)8月生産者物価指数、(加)カナダ中央銀行政策金利発表

・10日(木):(日)7月機械受注、(米)8月生産者物価指数

・11日(金):(日)8月国内企業物価指数、(英)7月国内総生産、(英)7月鉱工業生産、

(英)7月商品貿易収支