24日の上海総合指数は売り先行。前日比0.51%安の3262.879ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.76%安の3254.678ptで推移している。米株安が逆風となり、中国株にも売り圧力が高まっている。また、資源価格の下落も同セクターの売り手掛かり。ほかに、米中対立への懸念がくすぶっていることが引き続き嫌気されている。