25日の上海総合指数は買い先行。前日比0.35%高の3234.374ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時45分現在、0.11%高の3226.883ptで推移している。上海総合指数がきのう24日約2カ月ぶりの安値水準で引けており、足元では値ごろ感が強い。また、前日の米株高も買い安心感を与えている。一方、本土市場が来週後半から国慶節(建国記念日)の大型連休に入るため、積極的に上値を追う展開はみられていない。