9日の上海総合指数は買い先行。前日比1.38%高の3262.611ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時37分現在、1.49%高の3266.061ptで推移している。連休中の海外市場の上昇が好感され、中国株にも買いが先行。また、国内消費の拡大や景気の回復観測なども支援材料となろう。