14日の上海総合指数は売り先行。前日比0.18%安の3353.625ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時47分現在、0.40%安の3346.384ptで推移している。米景気懸念や前日の米株安などが足かせとなっている。一方、国内の景気対策への期待などが指数をサポートしている。