新規買いは原資産の株価上昇が目立つ日本製鉄<5401>コール207回 11月 1,225円を順張り、日本製鉄コール210回 12月 1,300円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ任天堂<7974>コール402回 1月 75,000円を逆張りで買う動きなどが見られる。



手仕舞い売りとしてはソニー<6758>コール359回 11月 9,250円、日本電産コール159回 1月 11,500円、銀リンク債コール20回 1月 30米ドル、日経平均 プラス5倍トラッカー64回 12月 21,500円、日経平均 プラス5倍トラッカー63回 11月 21,500円などが見られる。



上昇率上位はWTI原油先物リンク債_2020年12月限コール9回 11月 45米ドル(前日比3倍)、WTI原油先物リンク債_2020年12月限コール7回 11月 40米ドル(前日比2.1倍)、WTI原油先物リンク債_2020年12月限コール5回 11月 35米ドル(+62.2%)、WTI原油先物リンク債_2021年3月限コール5回 12月 55米ドル(+53.9%)、WTI原油先物リンク債_2021年3月限コール4回 12月 50米ドル(+44.4%)などとなっている。



(eワラント証券)