4日の上海総合指数は買い先行。前日比0.07%高の3273.433ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時51分現在、0.09%高の3273.997ptで推移している。米大統領選の開票速報が気がかり材料となり、慎重なムードが強い。一方、経済指標の改善が追加の景気対策への期待が引き続き指数をサポートしている。